投稿日: コメントを残す

日本農業実践学園の収穫祭に行ってきました

茨城県水戸市にある日本農業実践学園では毎年11月23日に「収穫祭」を開催しています。収穫祭では普段、学園の直売所で売られている野菜やパンなどの加工品が特価で販売されているとのことなので行ってみました。

 

生産品の販売

日本農業実践学園の学生が実習で生産した野菜、米、肉、パン等がサービス価格で販売されています。

↓ 行列ができていたのは、パンやジャム等の加工品のコーナーでした。

↓ 主にパンが並んでいます。一列に並んで、買い物カゴに商品を入れながらレジに進んでいきます。一つひとつを手にとってじっくり品定めする時間はありません。

↓ パンは一袋だいたい100円(税込み)です。なお、このコーナーは正午前には殆どの商品が売り切れていました。残ったのは味噌が数袋でした。

↓ 野菜売場です。スーパーで売られている野菜と値段は大きく変わらないかも知れませんが、有機農法で生産された野菜であることを考慮すると、破格かと思われます。

↓ 直売所で販売されている野菜を育てている畑です。学生一人ひとりに畑を割り当てられているようで、それぞれ好きな農産物を生産しています。

↓ 東屋では、ほしいもや豚肉(養豚も行っている)が販売されていました。

 

ステージショー

10時からステージショーが始まり、収穫祭を盛り上げます。ステージの周りには模擬店があり、うどん、カレー、おしるこ等が販売されています。12時過ぎに模擬店に行ったら、うどんは売り切れていたので、学園で生産された野菜と米で作ったであろうカレーを食べました。

↓ ステージショーの様子。座って飲食ができる席は満席でした。

↓ 模擬店の中にはさつまいもの詰め放題もありました。また、堆肥の販売もありました。

 

ビンゴ大会

ディズニーペアチケット(当選は1名)が当るビンゴ大会に参加しました。なお、参加する為にはビンゴカード1枚につき150円が必要になります。

↓ 我家のビンゴ大会での当選品です。嫁さんが引き当てました。残念ながらディズニーペアチケットは当りませんでした。2番人気のお米5kgも当らず、その次に位置する多量のネギでした。

↓ ビンゴしなかった場合に貰えたのは、参加賞のほしいも3枚でした。

家族3人でビンゴ大会に参加した結果は、多量のネギ(嫁)、パウンドケーキ(子供)、ほしいも3枚(私)でした。これなら元(450円)は回収できたでしょうか。

学園祭に行くに当って留意したい点

①トイレが学園内に分散して在るのですが、売店近くのトイレに集中するため、行列ができる場面もありました。特に女性の場合、行列を見かけたら他の場所にあるトイレを探した方が良いかもしれません。
②駐車場が畑の中にあります。よって、駐車する場所によっては靴に畑の土が付きます。ある程度汚れても大丈夫な靴で行きましょう。
③この時期、日なたは暖かく感じても、日陰は寒いです。収穫祭は屋外で開催されており、暖をとる場所は基本的にありません。周囲は畑なので、風が吹いた場合は吹きさらしになりそうです。寒さ対策はしっかりしておきましょう。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA