投稿日: コメントを残す

吉田幼稚園の説明会に行ってきました

茨城県水戸市にある吉田幼稚園の平成30年度入園説明会に行ってきました。妻の話によると、吉田幼稚園は人気のある幼稚園らしいのですが、いったい何が支持される理由になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

保育園から幼稚園に

来年度に子供が満4歳を迎える前に、保育園から幼稚園の3年保育に切り替えることにしました。理由は、今通っている保育園では園児数が十数人程度と少なく、遊びや、経験の幅が広がらないこと、及び親の仕事の都合による児童の入園、退園があり、年単位での人間関係が築けないところにあります。
吉田幼稚園では学年当たりの定員数が120名/4クラスあり、運動会や屋外学習などを通じて、多くのことを経験できそうです。

 

ホールでの説明会

ホールでの説明会では、映像を用いて、園児がどのようなイベントを体験しているのか、また、発表会ではどの程度の内容のものなのかを解かりやすく解説していました。
具体的には、筑波山(年長組)を登って、麓の宿で一泊する、運動会に向けて組み体操を練習する、また、発表会では、かなりレベルの高い演奏を披露する等、幼稚園児にしてはかなりハイレベルなことをやっているなという印象です。

幼稚園の雰囲気

ホールでの説明会が終わったら、園内を自由に見て回ることができます。年長、年中、年少と各クラスを見たのですが、どのクラスとも共通して児童の名前は漢字(ふりがな付き)で書かれていました。また、黒板があり、何か授業を行っているかのような雰囲気もあります。

↓ 各クラスにある黒板

↓ 小学1、2年生で習う漢字ポスターが貼られている

↓ クラス名も漢字表記(これはひまわり組)

スポンサーリンク

先生に質問してみた

自由に園内を見ている際に、先生に質問ができます。幾つかお話を伺ってきました。以下、要約したものです。

Q:教室の黒板を使って授業をしているのか
A:授業というほどのことはやっていない。運動会等、イベントの段取りを説明する際に使っている。

Q:読み書きはどのレベルを目指しているのか
A:ひらがなでの読み書きはマスターできるようにする。

Q:ハイレベルな演奏会があるが、楽器が不得手な園児はどうしているのか
A:楽器が苦手な園児は、他のイベントで主役の場を与えるようにして、皆がそれぞれ活躍できるように努めている。

Q:児童は何時頃まで預かってくれるのか
A:18時までは居られるが、17時頃には大半が帰宅する。

Q:入園願書の提出は11月1日の9時からだが、確実に入園させる為に早朝から並ぶ必要があるか
A:前年度は定員数に満たなかった。9時前に来れば入園できるのではないか。

説明会の感想

演奏会など、取組む内容が比較的高いレベルにあるため、子の将来を想う親にとっては受けが良いのでしょう。その一方、詰込み過ぎ、スパルタであるとの噂も聞いたことがあります。よって、子供の能力が追付いていけるのであれば、良い成長の一助になると思われます。なお、途中で退園する児童数は少ないとのことです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA