コメントを残す

松屋フーズの株主優待を使って松乃家でお食事

松屋フーズ(9887)の株主優待は、「松屋」で定食を食べることで消化していました。とんかつ業態の「松乃屋」が展開されていることは株主への案内で知って以来、気になっていました。今回、茨城県つくば市で「松乃屋」を偶然見つけたので、入店してみました。

スポンサーリンク

松屋の株主優待券でどこまで注文できるのか

松屋で株主優待券を使用する場合、予め指定されているメニューか、おすすめメニューの中から選ぶことしかできません。金額にすると、株主優待券1枚当たり700円程度のメニューが上限な気がしています。

一方、松乃屋では株主優待券の使用に関する縛りがあるのでしょうか?お金を払わずに食事をすることに対して気が引けますが、店員さんに尋ねてみました。結果、食べたいメニューを差額無しで注文できるとのことでした。松屋とは異なった対応だったので、嬉しさよりも、本当にいいのかと戸惑います。

注文したメニュー

好きなメニューを注文して良いと言われたので、お言葉に甘えて・・・

↑ 私は、ロースかつ&エビフライ定食(海老2匹)税込み880円を注文

↑ 妻は厚切りロースかつ丼 税込み680円を注文しました。

↑ 子供には、お子様プレート 税込み430円を注文しました。この写真を撮った時にはゼリーが付いていませんでした。そのことに気付いて店員さんに聞いたところ、表示されている写真の通り、ゼリー2つを付けてくれました。

↑ お子様プレートには、メダルが1枚付いていました。何だろうと思ったら、ガチャを1回廻せるようです。

↑ 娘なので、下のピンク色のガチャを廻しました。引き当てた品はビスケット形の消しゴムでした。3歳の娘は結構気に入っています。

スポンサーリンク

味はどうだったのか

揚げたてで、肉も脂っこくないので美味しく頂けました。このお値段で、これだけ品質なら十分満足です。

↑ 作りたてを食べてもらうため、料理ができたら注文番号で呼ばれます。料理は自分で取りに行きます。また、食後は食器類を返却口へ運びます。このようにすることで、ウェイトレスの人件費を圧縮し、比較的安価でとんかつを提供しているのでしょう。

松乃屋 まとめ

松屋フーズ株は既に売却しましたが、そのことを少し後悔しました。今のところ、株主優待券で好みのメニューを注文できますが、それだと高額なメニューばかりが株主優待券で注文される事になり、松屋フーズの利益を圧迫する恐れがあります。よって、株主優待券の使用法が改悪されていない今のうちに使い切ってしまった方が、吉と出るような気がします。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA