投稿日: コメントを残す

2018年5月の資産状況

2018年5月末の資産状況です。先月に続いて信用取引分の含み益が増えました。しかし、現物で保有している株式の評価額は下がってしまいました。

 

私の証券口座

2018年5月末の現物株の含み損益
1,076,124円
前月比:△967,249円

2018年5月末の信用取引の含み損益
4,067,500円
前月比:3,444,300円

現物株の含み益は、4月に引き続いて大幅に減少しています。アダストリア(2685)、ジオマテック(6907)、日本たば産業(2914)の株価値下がりが止まりません。
一方、信用取引分は空売り中のメガチップス(6875)の株価が更に値下がりしたことにより、含み益が増加しています。今月に決算を発表したものの、業績のピークを迎えたと市場に評価された為か、以前のような力強い値動きが見られなくなりました。

2018年5月の取引

損失 67,165円

今月の取引は信用期限の到達したメガチップス(6875)の損失及び利益を確定させました。この取引は利益になりましたが、四国電力(9507)空売りの損失を確定させたために今月の収益も赤字になりました。よって、本年度の通算損益も引続き赤字になっています。

平成30年度の損益(配当金を除く)
△530,007円

2018年5月の受取配当金

5月の受取配当金額(税引き後): 8,579円

減配のアダストリア(2685)、プレナス(9945)、ライトオン(7445)からの配当金を得ました。アダストリアの配当が1株40円→15円になってしまい、目論んでいた配当収入を下回っています。

平成30年度の受取配当金(税引き後)
63,146円

妻の証券口座

2018年5月末の現物株の含み損益
△165,314円
先月比 △976,699

含み損益が遂にマイナスに転じてしまいました。こちらの口座も日本たばこ産業、アダストリア、ジオマテックといった銘柄の値下がりが効いています。なお、運用資産残高が先月よりも多くなっているのは、給与からの入金を行ったからです。

2018年5月の取引

損益: 0円

今月の利益/損失確定売買はありませんでした。株価の推移を見守るのみです。

平成30年度の損益(配当金を除く)
3,607,575円

2018年5月の受取配当金

5月の受取配当金額(税引き後): 8,579円

こちらもアダストリア(2685)、プレナス(9945)、ライトオン(7445)からの配当金になります。

平成30年度の受取配当金(税引き後)
58,306円

2018年5月末の資産状況

今月は現物株の値下がりがきつく、含み益が大幅に減ってしまいました。空売り継続中のメガチップス(6875)の株価が先月に引続き目論見通りに下げてくれたため、信用分の含み損益は大幅に増加していますが、保有中の現物株については、これから塩漬けにするか、損切りするかの判断が入りそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA