投稿日: コメントを残す

壬生町おもちゃ博物館に行ってきました

保育園の親子遠足に参加しました。子供(3歳)と一緒に家族で栃木県壬生町にあるおもちゃ博物館に行ってきました。当日の天候は晴れで、最高気温は30℃超えが予想されていましたが、おもちゃ博物館は屋内施設なので冷房が効いていて快適に過ごせました。

 

子供が喜ぶ遊び場

1Fと3Fに小さい子供なら思いっきり遊べる空間があります。子供も始めの頃は大人しくしていましたが、周りの園児達と遊び始めてからは楽しそうに走り回っていました。また、おもちゃ博物館側のスタッフが危険がないか監視してくれています。

↓ 1Fの遊び場

↓ 3Fの遊び場

スポンサーリンク

オリジナルリカちゃん人形

2,800円でオリジナルのリカちゃん人形を購入することができます。何がオリジナルかというと、髪の色・ドレス・帽子・靴・ピアス・ブラシについて気に入った組合せにできるところです。子供はあまり考えずに各アイテムを選んでいきました。我が子は直に決めてしまいましたが、店内は空いているので、時間をかけて丁寧に各アイテムを選ぶこともできます。

↓出来上がったリカちゃん人形

玩具の展示

もともと東京にあった玩具工場の拡大が出来なかった為、壬生町に引っ越してきたことで玩具の町になった歴史があるそうです。また、おもちゃ博物館には、それぞれの時代に生産された玩具が展示されています。

鉄道模型

別館に2F行くと、そこには大きなジオラマが展示されていて、その中を電車が走っています。

NゲージとHOゲージがあり、Nゲージが20分200円、HOゲージが200分400円で1路線・好きな電車を選んで楽しむことができます。

子供と行った感想

夏場の暑い時期等、天候を気にせずに小さな子供は思いっきり遊べます。また、入場料金も大人600円、小人300円、3歳以下無料と、それほど高くないので、近場にあれば使い出のある施設だと思います。土曜日に行ったのですが、混雑具合はそれ程でもなく、ストレスは感じませんでした。

子供は1Fと3Fにあった遊び場が一番楽しかったようで、集合時間になっても帰りたくない様子でした。

オムツ等嵩張る荷物は1Fにあるコインロッカーに預けることができます。(100円が戻ってくるので無料で使える)

荷物の番をしなくて済むので、子供と一緒に走り回って遊ぶことができます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA