コメントを残す

2019年7月の家庭菜園① コマツナの栽培適期

 今年のコマツナは、早春から初夏に掛けて時期を分散させて種を蒔き、程よい大きさになったところで収穫していました。

 コマツナは栽培が簡単な野菜ですが、寒い時期は生育が遅く、なかなか収穫に至らず、かといって暑くなると、葉が萎れたり、害虫によって穴だらけになります。そこで、これまでの栽培経験から、適度な生育で、かつ害虫による被害を受けない、種まきに適した時期を考察します。

3月に種まき

 生育は遅めですが、5月中には収穫できます。この時期の種まきが害虫による害が最も少なく、見た目にも質の良いコマツナが収穫できました。ただし、プランターで栽培する場合、5月の暑さ(最高気温30℃)により、葉が萎れる害がありました。

↓ 虫害がなく、見た目も良いコマツナ

4月に種まき

 収穫までの間にアブラムシが飛来するようになります。程よい大きさに育ったところでアブラムシが大量発生するのも癪なので、寒冷紗を掛けて、取り付かれるのを防ぎます。

5月に種まき

 この時期に種をまくと、一月が経過したくらいから順次収穫できるようになります。しかし、害虫による害を受けやすくなり、無農薬栽培の場合、葉が穴だらけになります。アブラムシ、イモムシ、コガネムシが付き、収穫しても食べられない部分が多くなりました。収穫には少し大きさが足りなくても、害虫が付く前に収穫するのも一手かもしれません。

↓ 収穫量は多いものの、穴だらけのコマツナ

↓ 栽培中のコマツナ。この時はまだ虫害をあまり受けていません。(枝豆と一緒に栽培しています。)

 以上の結果から、害虫による被害を受けにくいことから、最も種まきに適した適期は3月ということになりました。虫が活動を本格的に始める前なら、無農薬でも見た目がきれいなコマツナの収穫が望めます。

 6月以降は動きが活発になる害虫の被害を想定して、種まきは行っていません。次は、秋冬の収穫を目指して9月以降に種まきをする予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(6506)安川電機が2019年3-5月期決算を発表

 7月11日の引け後に発表された、第一四半期の決算内容は、売上高が前期比16.2%減、営業利益は前期比58.2%減となり、世界的にサーボモーターやロボットへの投資が落ち込んでいることが浮き彫りになりました。さて、この決算を受けて明日以降の株価はどのように動くでしょうか。

これまでの株価の動き

 2019年1月、4月に発表された決算後の株価の動きを振り返ります。決算内容は何れも業績の減速を示しており、先行きが危ぶまれるものでしたが、決算を通過した後の株価は上げています。

 特に直近の4月11日に発表された決算後の値動きでは、高値圏であったにも関わらず、あの決算でも、寄り付きこそ安く始まりまったものの、その日のうちに値を戻しました。そして数日掛けて更なる高値を取りに行きます。このとき、自社株買いも合わせて発表されていますが、小規模であり株価への影響は限定的であったと考えます。この値動きの背景には、米中貿易交渉への楽観的な見通しがあったのでしょうか。

 しかし、ゴールデンウィークに入る前から株価は値下がりし始めます。理由は米中貿易交渉激化による経済減速懸念でした。このまま一方的に株価は下げ続けるように思われましたが、6月上旬には、6月末に行われたG20の成果期待から株価は底打ち反転、G20で米中貿易交渉の協議再開が発表されると、株価は大きく上昇します。米中貿易問題が抱える課題は解決していないのに、このときは、良い雰囲気だけで株価が動いているようでした。

 一方、先週から株価上昇の勢いが弱くなっています。これには決算内容への警戒感が現われているものと思われます。

これからの株価の動きを予想

 今回の決算では、3-5月期の実績は悪いものの、通期業績見通しは据え置きのままです。この数字で下方修正を出さない理由が分からないのですが、内部関係者から見ると、先行きの見通しは明るいのでしょうか(確かに受注残高は底を打ったように見えますが)。また、この業績に対しても、強気姿勢を貫いていることで、市場から前向きな評価を得られる可能性もあります。

 今のところ米中貿易問題に係る新たな火種は出ていないため、市場では良い雰囲気が保たれていると考えます。更に、これから顕在化する人手不足を解決する一手として、ロボットへの投資が進むことも認識されており、株価も徹底的に売込みにくい状況にあると思います。

 以上のことから、明日以降の株価の値動きですが、寄り付き後の値下がりは限定的であり、下げ止まり後、業績の底打ち、回復期待から買われる展開を予想します。寄付きからの値下り幅は、決算前の値動きで、どれくらい決算内容が織り込まれているのかに拠るため、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(3472)大江戸温泉リート投資法人を分配金・優待目的で買い付けました

 投資主への分配金は5月、11月末の年2回、1口あたり2,380円の支払いを予定しています。7月10日終値86,800円の場合、分配金利回りは5.48%になります。また、10口以上を保有すると、投資主優待として宿泊優待券を受取れます。

分配金

 過去3期分の1口あたり分配金を振り返ると、2017年11月期:2,392円、2018年5月期:2,435円、2018年11月期2,466円となっています。

 2019年5月期及び11月期の分配金は1口あたり2,380円。過去と比較すると、金額が少し減っています。これは、旗艦店舗である大江戸温泉物語レオマリゾートの賃料を見直したことが要因です。レオマリゾート内にある遊園地等の運営維持費を考慮した結果、賃料の値下げに至っています。他3物件の賃料を経営実態に合わせて値上げしましたが、レオマリゾートの賃料値下げ分を十分に補えず、予定されている分配金額は引き下げられています。

 また、賃料には変動分があり、経営状況によって分配金が若干上下に変動するようです。

投資主優待

 額面1,000円の宿泊優待券を5口保有で1枚、10口保有で2枚受取れます。有効期限は1年間で、年2回受取れます。宿泊時期を調整すれば、5月期分と、11月期分の優待券をまとめて使用できます(会計時の使用枚数に制限なし)。これなら宿泊費をかなり安く済ませられそうです。

 しかし、土日祝日は使用不可との縛りがあります。他にも、年末年始、お盆、ゴールデンウィーク等の大型連休も使用不可です。なので、平日に宿泊できるなら、使える優待になります。

 なお、優待が使える宿泊施設数は、2017年は9施設でしたが、現在は14施設まで増えています。

大江戸温泉リート投資法人の買い付けについて

 5月末の権利落ち以降、株価はしばらく値下がりしていましたが、最近になり勢い良く値上がりしているように感じて、置いていかれる前に買い付けました。

 消費税増税による宿泊者減少の懸念がありますが、当リート法人の業績見通しは、日本政府による観光立国政策の後押しもあり、温泉宿泊施設の経営は安定的と見ており、悲観的ではありません。よって、物件の賃料値下げによる、分配金減額の可能性は低いと考えます。

 温泉宿泊施設の抱える問題として、後継者不足や施設の老朽化があります。これら問題の解決策の1つとして、当リート投資法人への買収引き合いもあります。中長期的に見れば、公募増資により運営施設を増やすことが見込まれます。その際に株価が変動しそうですが、何時になるかはわかりません。それよりも5.4%の利回りプラス投資主優待受取りの実現を優先させました。

スポンサーリンク

コメントを残す

(2705)大戸屋ホールディングスの株主優待券を持って大戸屋へ行ってきました

 大戸屋ホールディングスの株を優待・配当、それから株価の値上がり益目的で100株持っています。株主優待は、3月末の権利を取ると、2,500円分の食事券が貰えます。配当金は、1株あたり25円です。株価2,184円の場合の配当・優待利回りは2.28%になります。

注文したメニュー

↓ 夏野菜とだしとろろの水晶鶏定食(税込み890円)

↓ ミニすけそう鱈の黒酢あん(税込み450円)とたっぷり野菜の麦みそ汁(税込み250円) 

↓ お子様野菜カレー(税込み550円)

 何れのメニューもヘルシーでした。水晶鶏はむね肉でヘルシー、お子様野菜カレーは、その量がヘルシーといった具合でした。金額の割に、満腹感が得られにくいメニュー構成になっている模様です。女性客に受け入れられそうですね。

 それでも他の外食店舗と比較して、大戸屋独自のヘルシーメニューを選ぶ客層が多いためか、店外には行列が出来ており、入店まで10分程待ちました。ヘルシーメニューということで、他店舗との差別化は図られているようです。(ドリンクバーの無料サービス券を予め配布していた影響もありそうですが)。ただ、お子様メニューに関しては、選べる安っぽい玩具は要らないから、その分を食事量に割り当てて欲しいと思いました。

 会計は飲食代金2,140円に対し、1枚500円の株主優待券を4枚、2,000円分と、残金140円を現金で支払って完了です。

大戸屋の業績

 売上高・利益共に前期比でマイナスになっています。どの外食チェーンでも苦戦している要素として、食材費と人件費の値上がりがありますが、それは大戸屋も同様で、利益の減少要因となっています。また、アルバイト従業員による不適切動画事案の影響もあり、1株あたり純利益は7.64円と、配当の1株あたり25円を下回っています。

 配当額については、業績に応じ取締役会により決議されるため、更に業績が悪化すれば、減配の可能性があります。健康提供企業を掲げ、メニューの改定(多分値上げ)を行い、業績回復を図っています。株主としても、安定配当の為に利益の回復を望みます。

 なお、100株を3年以上継続して保有していると、株主優待が2,500円から3,000円にランクアップします。その場合、配当・優待利回りは株価2,184円のとき2.52%になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

(3252)日本商業開発で高利回り運用を目論む

 日本商業開発の株式を1株あたり1,500円で300株購入の場合、株の買い付け金額45万円に対する、配当金(16,500円)と株主優待(6,000円)を合算した利回りは5%になります。株主優待は有効期限が無く、お釣りも出るジェフグルメカードなのもポイントです。

配当及び株主優待

 配当金は3月末権利のみで、1株あたり55円を予定しています。

 また、株主優待のジェフグルメカードは、3月及び9月末権利で、それぞれ3,000円分づつ受取れます。ただし、条件として「毎年3月31日及び9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主さまで、下記に記載する株式を保有されている株主さまを対象といたします。 」と日本商業開発のホームページに明記されています。これを文面どおり解釈すると、今株を買って、9月末の権利を得ても、12月には配当も優待も貰えません。配当・優待を得られる時期は翌年3月末権利による6月になります。先は長いです。

今買いを検討する理由

 株価が底値圏にあると考えているからです。主要都市部を中心とした不動産投資は好調で、2019年度の売上高は過去最高の水準です。また、米国ロサンゼルスに不動産を取得しており、海外への進出を図っています。また、2020年度の業績見通しも強気であるため、株価の値上がりが見込めます。

 一方で、所有する不動産と借入金(借入れ期間は10~30年と長期ですが、安心はできません。)の残高は拡大を続けており、不動産が収益を生まなくなる、借入金の金利負担が増加するといった業績への懸念もあります。

 リスクを限定するため、保有株数を300、時価45万程度を配当・優待目的で買い付け、しばらく様子を見ることにします。過去に保有していたこともありますが、株価が値上がりしないので売却しています。最近の株価は、その時よりも安くなっているので、個人的に、お買い得感があります。

スポンサーリンク