投稿日: コメントを残す

プレミアムフレイデーがいよいよスタート

本日は第1日目のプレミアムフライデーでした。職場では先日から雑談ネタになっていましたが、実際に仕事を早めに切り上げた方は少数でした。回りを見渡す限りでは、あまり受け入れられていない印象でしたが、果たしてこのイベントが働き方の改革の第一歩になるのでしょうか。

スポンサーリンク

プレミアムフライデーとは

政府および経団連を中心とした経済界が推進する個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるように企業に協力を求める日だそうです。

仕事をせずに、空いた時間にお金を使って経済を廻せということでしょうか。

我が家の対応

今朝、妻にその話をしたところ、全然関係ない旨の返事が返って来ました。きっと、このイベントに参加する企業は少数なのでしょう。

私の職場では導入する旨の連絡が前日にありました。冒頭のプレミアムフライデーの主旨からすると、いつもより早く帰宅して家でダラダラすることは期待されていないようです。私は早く仕事を切り上げても、真っ直ぐ帰宅するだけで買い物等の予定は無いので仕事をしていました。

いくらプレミアムフライデーとはいっても定時より早く帰るためには有給を使わなければなりません。月末の金曜日だけ数時間早く帰れるような中途半端なことをするくらいなら、その時間を集約して年2日程度休日を増やしてほしいです。

職場での対応

定時前に、時間休暇を取得して帰宅された方が数名居ました。プレミアムモルツを買って帰るなんて言っていたので一部ビールの売り上げが伸びたかも知れません。

しかし、仕事を多く抱えている方には、あまり愉快に映らなかった模様です・・・まぁ、いろんな人がいますからね。割切りも必要です。

スポンサーリンク

プレミアムフライデーは今後浸透するのか

ニュースや職場での話を聞く限り、否定的な意見が多いような気がします。本当に消費が拡大するのかと。そもそも参加しない企業も多くあり、世に広く浸透するためには相当ハードルが高そうです。

また、義務ではないので、仕事があると帰りにくい雰囲気もあると思います。上司の仕事が忙しくても「自分は自分、関係ないから帰る」という方は、こんなイベントが無くても有休を使って人生をそれなりに楽しんでいますから、あまり関係ないかもしれません。

結局消費の拡大、働き方の改革を目標に掲げていますが、それに強制力が無ければ、そこは個人の生き方次第になるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA