投稿日: コメントを残す

(8136)サンリオから第58期株主総会の通知が到着

サンリオから第58期株主総会の通知が届きました。最近の業績が下降気味なので、サンリオピューロランドへの招待は見送られるかもと思っていたのですが、今年も休館日として、株主のために施設を開放してくれるので、議決権行使書を持っていけば招待されます。なお、議決権行使書1枚で入れるのは、株主と同伴者1名まで。それ以上の同伴は、18歳以上:3,300円、3~17歳:2,500円の入場料が発生します。
ただし、昨年と異なり、くじ引きによるお土産配布イベントは廃止されました。やはり懐の余裕は厳しくなっている模様です。
昨年の株主総会の内容と、今期の株主総会通知の内容を比較して、感じた事などを記事にしました。

 

取締役人事

現代表取締役である辻信太郎さんが時期も続投されるそうです。91歳です。ここまで来ると生涯現役ですね。株主総会では孫の辻朋邦さんには何時交代するのか?とか後継者を育てているのかといった質問が飛んできそうですね。

対処すべき課題

昨年の株主総会では、サンリオキャラクターと食材を組合せた商品を開発・販売し、そのスキームには手ごたえを感じていたとの話でしたが、今回の株主総会の通知に、その件について何も記されていませんでした。どうなったのでしょうか。
ただ、昨年の株主総会で質問にあった、映画の製作については、サンリオの戦略的アニメ・ゲーム事業確立が中期経営計画で示されているので、数年後に実現する可能性がありそうです。

株主総会は6月28日14時から

今年の株主総会には残念ながら参加できそうにありません。株主総会はサンリオファン株主等からの質疑応答が多くあり、それに対して辻信太郎社長が面白おかしく返してくるので盛り上がります。また、総会後にある、辻信太郎社長のお話が面白く楽しめるので、行く価値はあります。株主総会が木曜日なので行きにくいのが難点ですが。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA