投稿日: コメントを残す

8136 サンリオから株主総会の通知が到着

サンリオから第57回定時株主総会の通知が到着しました。今年は6月22日(木)に開催されます。案内には当日は大変混雑するので、お早めにお越しくださいと注意書きがありました。一体、どのような株主総会が開催されるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

サンリオピューロランド特別運営

株主総会の当日、サンリオピューロランドは休館日になりまが、株主のために運営されます。議決権行使書を持っていけば、株主および同伴者1人までは無料で入館でき、アトラクションを楽しむことができます。

平日の入館料金は大人3,300円なので、これはかなりの大盤振舞ですね。なお、運営時間は9時から18時になりますので、株主総会に行かずに、こちらだけ楽しむ方も居るのではないでしょうか。

また、議決権行使書1枚につき最大2枚の株主くじが貰えます。抽選でどのような景品が出てくるのか気になります。

第57期の業績

サンリオはピューロランド等のテーマパークで稼いでいるのかと思っていたら、テーマパークの売上げは連結でみると全体の12%程度でした。なお、大分県のハーモニーランドは上期に熊本地震の影響を受けましたが、下期においては前年度の集客を上回りって推移しており、業績は順調に回復している模様です。

主な収益の柱は、キャラクター商品の企画・製造・販売ですが、今期は外国人観光客の商品購入意欲の低下、及び国内景気低迷の影響を受けたことから、大きく売上が落ち込んでいます。

また、海外展開を見てみると、欧州等はテロの発生等によりキャラクター商品の売上げが大きく減少しています。しかし、アジアでは台湾での業績が比較的好調だった模様で、売上高87億円に対し営業利益30億円を計上しており、売上げに対し相当な利益をあげています。

業績回復への動き

低迷しているキャラクター商品の売上げを回復させるため、マーケットを熟知した優秀な現地マネージャーを雇い、市場の変化に合わせた経営を行っていくそうです。

また、人気があり、その寿命を長く保てるキャラクターの開発に注力していくようです。

サンリオピューロランドは好調

今年、サンリオの株主優待券を持ってピューロランドに行きました。そこで観賞したミュージカル「ちっちゃな英雄」とパレード「ミラクルギフトパレード」は好評を継続し、リピーターが増加したことから、年間パスポートの売上げが前期比20.8%も増加したようです。よって、ミュージカル及びパレードは人気が衰えるまで当分の間は、同じ内容が続くことが予想されます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA