投稿日: コメントを残す

7819 SHO-BIから配当金と株主優待が到着

SHO-BI(7819)から株主総会の通知、配当金、それから株主優待が到着しました。この銘柄は株主優待目的で300株を3年以上保有しています。(以前は100株保有でも株主優待が受取れましたが、2年前に優待の基準が300株以上に変更されたことに伴い、買い増しました。)
よって株主優待は、前回に引続き今回も自社企画品に加えてSHO-BI選定商品を受取りました。

スポンサーリンク

第69期 SHO-BI株主優待

↑ 300株以上の保有で貰える株主優待です。今回はボディケアセットでした。内容は、ネイルファイル1つ、ハンドクリーム1つ、リップクリーム1つ、ボディミスト1つ、せっけん2つです。
石鹸くらいしか使えるものが無いなーと言ったところ、この品は嫁さんが使うとのことでした。

↑ 長期保有で貰える優待です。箱を開けてみると・・・

スポンサーリンク

↑ 中身はギフトカタログでした。箱の割りにカタログは薄いものでした。

↑ あまり選択肢は多くありませんが、このページの右にある出汁セットを選ぼうと思います。

第69期 SHO-BIの業績

売上高 170.8億円(前期比3.9%減)
営業利益 3.4億円(前期比26.8%減)
経常利益 4.2億円(前期比28.5%増)
純利益  1.9億円(前期比5.3%増)

1株当り当期純利益 14.28円 1株当たり純資産 386.39円
(何れも連結決算の数値)

経常利益が対前期比で大きく増えているのは、為替差益によるものです。
業績面では、主力商品の化粧雑貨・コンタクトレンズ・服飾雑貨が若年層人口の減少に伴い売上苦戦している様子です。対応として商品企画力の強化・取り扱い商品数の拡大・コストの削減・販売チャネルの拡大に取組み、業績を伸ばそうとしていますが、現状は予想以上に厳しい印象です。
一方で、上海、台湾に子会社を展開し、成長余地の可能性を探っています。SHO-BIブランドを活かすことが出来れば、海外市場での業績拡大に期待できます。
なお、1株当り5円の期末配当金が株主総会前に入金されていますが、SHO-BIの場合、株主総会で配当金額を決めているのではなく、11月の取締役会で決定されています。株主は剰余金の処分についての決定権は無さそうです。

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA