投稿日: コメントを残す

避暑を求めて花園ヴェルディキャンプ場へ(今回も貸切)

花園ウェルディキャンプ場へ2回目のテント泊を夏場に行いました。目的は避暑と川遊びです。今回も前回と同様にテント泊は我家のみで、他に行き交うのは釣り人のみでした。

 

設 営

11時頃に到着しました。他に誰も居ないので、好きなところにテントを張れます。広く平らな場所にテントを張り、誰気にすることなく、好きなようにテーブルやらイスやらを広げました。

↓ 設営完了。一番いい場所を確保した!と喜んでいましたが、その後、キャンプ目的の人は誰一人来ませんでした・・・

↓ 利用者が少なすぎるのか、自然に返りつつあります。昔は広場だった場所も、木が生えています。

川で水遊び

釣り人の邪魔にならないよう、遊び場所を選んで水遊びです。しかし、水はそれなりに冷たいので、泳ぐのにはあまり向いていません。足を入れて涼をとります。

↓ キャンプ場から少し上流側に行くと、川が石でせき止めてある、流れの緩やかな場所を見つけました。ここなら流されずに水遊びができます。ただ、写真左側の石のある部分の深さは大人の腰以上あるため、小さい子供が居る場合は留意が必要です。

↓ 遊んでいると、釣り人から魚を頂きました。ヤマメだそうです。このサイズなら弱火でジックリ焼けば骨まで食べられるとのこと。聞くところによると、養殖したヤマメを川に放流しており、釣りを楽しむには、遊魚券の購入が必要とのことです。

釣り人の話によると、このキャンプ場は、花園オートキャンプ場ができる前までは、宿泊者がそれなりに居たようです。今は、設備が揃っていて便利な花園オートキャンプ場にお客さんが流れており、キャンプをする人は殆どおらず、釣り人が、川で釣った魚を焼いて食べる場所に使っているとのことでした。

お食事

↓ かまどで飯盒炊飯です。

↓ 今夜はシチューです。

↓ 頂いたヤマメは、ハラワタを抜いて炭火焼にしました。山で食べると、とても美味しく感じます。骨まで頂きました。

 

花園ヴェルディキャンプ場の朝

↓ 朝8時頃の雰囲気。暑さを感じずに、木陰の穏やかな空気の中で紅茶やコーヒーと共に優雅な時を過します。

↓ パンをトーストにしてみたりして、のんびりと朝食をとります。

↓ ゆったりとした朝食が終わったら、片付けです。最近は娘の協力も得られるので、1時間以内に撤収できました。

増渕魚苑

お昼の時間に近かったので、昼食を昨日の釣り人に「川魚の他に天ぷらが美味しい。」と勧められた増渕魚苑で食べることにしました。
増渕魚苑は、釣堀で釣った魚を料理して出してくれるお店です。娘は釣りがやりたくてたまらない様子なので、早速にじますを釣りに行きました。

↓ 増渕魚苑のメニュー表です。なぜか値段は表示されていません。

↓ にじます定食です。2人前で料金は2,900円でした。焼いたにじますの他に、天ぷらとカボチャの煮つけがとても美味しく感じました。これだけの量なら家族3人でも満足です。

自家製どぶろくのことを聞いてみたところ、1合450円で提供しているが、今の時期は無く、飲みたかったら、米収穫後の時期に来店することを勧められました。
週末ということもあって店は繁盛しており、釣りの時間も合わせると、昼食にしては長めの1~2時間の滞在になります。増渕魚苑に行く場合は、ゆとりをもっていきましょう。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA