コメントを残す

2020年5月の家庭菜園 葉物野菜の収穫

 今年3月上旬に種まきしたコマツナとほうれん草を収穫しました。

生育状況

 コマツナ、ほうれん草共に、種まきから2ヶ月は経過しています。種袋の説明書きによると食べ頃の時期ですが、基本的に放置栽培で間引きをしていない為、大きさが揃っていません。

↓ ほうれん草。土地が肥えていないのか、背丈が小さく葉の色も黄色っぽくなっています。また、種の蒔き時は合っているのに、何故かトウ立ちが始まっています。

↓ こちらのほうれん草は良く育っています。この場所は生ゴミ堆肥を投入しているので、土が肥えているのでしょう。堆肥を入れていない場所と何もしていない場所で明らかな違いが認められて面白いです。

↓ コマツナ。堆肥無しでもここまで育ちました。間引きすればもう少し大きくなりそうです。無農薬なので虫食いの跡がちらほらあります。このまま放っておくと、全て虫に食べられてしまいそうなので、比較的大きく育っているものから収穫していきます。

コマツナ・ほうれん草の試食

↓ 収穫したコマツナ・ほうれん草。ほうれん草はトウ立ちが進んでいるもの=土が肥えていない場所で育てたものから収穫したので、コマツナと比べて色が黄色っぽく見えます。

↓ コマツナ・ほうれん草共に、朝の味噌汁の具にしました。火を通すと緑色になりました。収穫後、すぐに調理したので食べてみると、味の濃さや噛み応えを感じることができました。ほうれん草は、冬に収穫したものだと甘味があって、より美味しいのですが、今回収穫したものでも新鮮な味わいを楽しめました。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年5月の家庭菜園① 枝豆の蒔き直しなど

5月に入り、育てている野菜たちも日々大きくなっています。ジャガイモ(デストロイヤー)には紫色の花がつきました。

菜園の土中ではコガネムシの蛹を見つけました。今月中には羽化しそうです。

枝豆の蒔き直し

枝豆を4月に蒔きましたが、種は去年購入したもので、古くなってしまった為なのか、発芽も悪く、苗に元気がありません。このまま育てて、おいしい枝豆が実るのか不安なので、種を購入して蒔きなおしました。

↓ 去年の残った種を蒔いたら出てきた元気の無い枝豆の苗。

↓ 種を購入して蒔き直しです。

ニンジンの間引き

3月にプランターに種を蒔いたニンジンも葉の部分が大きく育ってきました。葉と葉が密集して窮屈そうなので、2回目の間引きを行いました。

↓ 間引き後のニンジン(プランターの縦方向に種を蒔きました。)

↓ 間引き後のニンジン(プランターの横方向に種を蒔きました。余ったスペースが勿体無いので、レタスを育てています。) 

↓ 間引いたニンジン。左側がプランター横方向に種まきしたもので、右側がプランター縦方向に種を蒔いたものです。本数はプランター縦方向に蒔いた方が多いのですが、実の大きさはプランター横方向に蒔いた方が大きい気がします。

とても小さいニンジンですが、食べられそうなものは食べてみました。生でも美味しく、小さくても甘みがありました。

小松菜とほうれん草の収穫

プランターで育てている小松菜とほうれん草は、種まきから2ヶ月ほど経過し、食べごろを迎えました。収穫し、味噌汁の具などにしています。収穫した跡地には再度、小松菜、ほうれん草の種を蒔きました。本格的な夏到来まで、種まきと収穫を繰り返す予定です。夏までに何回転できるでしょうか。

↓ 収穫した小松菜とほうれん草

サツマイモの苗の育苗

ペットボトルで作った温室で育てていたサツマイモ苗ですが、暖かくなったので、外に出しました。このまま30cm以上の苗に育てます。

↓ サツマイモの苗。ペットボトルよりも土が多く入る土嚢袋で育てます。

スポンサーリンク