コメントを残す

奥久慈憩いの森にキャンプ場の偵察を兼ねて遊びに行ってきました

 茨城県大子町にある奥久慈憩いの森にはキャンプ場も併設されています。そのキャンプ場の偵察を兼ねて、日曜日にランチを持参して遊びに行ってきました。

キャンプ場

 大子町のホームページによるとキャンプ場は運営されている様子ですが、遊びに行った日、宿泊者は居ませんでした。昼頃だったのでチェックアウトされたのかも知れませんが、テントが設営された跡も見当たらず、炊事場にあるカマドや洗い場も使用された様子が覗えませんでした。

 また、キャンプ場には蚊が多く居て、人の気配がすると直に飛んできます。近くには蚊が多いので、対策をきちんと取りましょうの旨が書かれた看板が立っていました。誰も居らず、静かな環境でキャンプが楽しめそうですが、蚊が多いと、虫刺されが気になり、帰りたい気分になりますね。よって、蚊が多い夏季のキャンプには不向きということがわかりました。なお、炊事場の水は出るので、キャンプは可能です。

↓ キャンプ場の様子

遊具

 キャンプ場付近にはアスレチック遊具があります。しかし、手入れされている様子はありませんでした。使用不可の表示は無いので、遊べるとは思うのですが、老朽化と蚊が多く居るため遊ぶ気にはなりませんでした。周囲に草が生い茂っている遊具もあり、遊ばれている様子はありませんでした。

↓ 森の中の遊具

↓ この遊具にはコケが生えていました

森林浴コース

 距離3kmくらいのハイキングコースがあったので、歩いてみました。コースが小川により流されて歩きにくい箇所がありました。また、誰も歩いていないのか蜘蛛の巣が多くありました。ただ、草刈は定期的に行われている様で、薮を突き進んでいくような道ではありませんでした。なお、ここにも蚊がいました。のんびり歩いていると刺されます。

↓ 森林浴コースの入口

↓ 小川に流されたコース部分

記念の森

 芝が手入れされており、落ち着ける場所になっています。ここでお昼にしました。

↓ 記念の森。石の彫刻が並んでいます。

森林学習館

 これまで回ってきた所には誰も居ませんでしたが、森林学習館ではカルチャー教室のような催しがあるようで、人が集まって、工作に取組んでいました。よって、憩いの森は運営されているようです。ただ、森林学習館以外は、人の気配が無く、全体的に寂しい雰囲気でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

家族でなかがわ水遊園に行ってきました

 5歳の娘を連れて、栃木県那珂川町にあるなかがわ水遊園に行きました。ここには、淡水魚の水族館の他に、水の広場やアスレチックなどがあり、子供にとって充実した休日が過せることがポイントです。

淡水魚の水族館

 大人1人600円、小学生以下は無料で入場できます。当日は、再入場も可でした。

 水族館では那珂川に生息する川魚や、付近に生息する珍しい生物が展示されています。また、2階には南米アマゾンの自然が展示されており、大きな淡水魚や植物などを間近で見ることができます。アマゾンの展示は初めてだったので、凄い!と思わず大きな魚に見入ってしまいます。そんな中で、子供が最も興味を持ったのは、生き物に触れることができる展示でした。特にドクターフィッシュがお気に入りのようで、いつまでも手を水槽に突っ込んでいました。

↓ ドクターフィッシュ。子供に人気ですが、館内はそれほど混雑していないため、並ばず自由に楽しめました。

↓ この水族館の中では一番の大きさであろう魚。ピラルーク。説明によると、肉食の魚で、アマゾンでは食用として市場で売られているようです。

 淡水魚水族館の建屋内にはカフェがあり、そこでお昼に。注文したのは、アマゾンの展示エリアに居た魚、ピラルークを使った料理。値段は1,500円と、ここのメニューの中では高めですが、せっかくなので食べてみました。なお、この料金で選べるドリンクが1つ付いてきます。

↓ ピラルークの料理。白身魚でした。スパイスが効いているので、臭みはありません。白身魚を食べているのと、ほぼ同じでした。

↓ 店内には、ピラルークのオブジェがありました。やはり、ピラルーク料理がおすすめメニューのようです。

アスレチックと水の広場

 アスレチックと水の広場は隣り合っています。最初に水の広場で遊びます。広くて浅いプールや、噴水があり、子供たちは大はしゃぎです。この日は水遊びには肌寒い陽気でしたが、それでも1時間以上遊んでいました。

 水の広場で全身ずぶ濡れになって遊んだ後、着替えてアスレチックに行きました。水の広場で遊び疲れているはずなのに、アスレチックにも全力で取り組みます。結局、帰る時間になるまで夢中で遊んでいました。5歳児にはピッタリの遊び場だったようです。淡水魚水族館よりも集中していました。

 この様子だと、アスレチックと水の広場で1日中遊べそうでした。他にも釣堀や、体験コーナーがあり、子供の成長に合わせて、遊べる選択肢が増えてきます。よって、これからも年に1回は遊びに行くことになりそうです。

↓ 水の広場

↓ アスレチック

スポンサーリンク

コメントを残す

茨城県那珂市にある静峰ふるさと公園に行ってきました

 園内にある遊具エリアで子供と遊んできました。また、約2.6kmのノルディックウォーキングコースがあったので歩いてみました。

遊具エリア

 空気が入ったトランポリンの他に、滑り台やアスレチックがあり、子供たちで賑わっていました。また、遊べる噴水や霧吹きもあり、子供数名がずぶ濡れになっていました。

 ↓ 遊具エリア。静峰ふるさと公園内で最も人が集まる所です。

 ↓ どこに行っても人気のあるトランポリン。子供と一緒に飛び跳ねたくなりますが、大人は跳んだり跳ねたりできません。

 ↓ 噴水と霧吹き。ここで遊ぶのなら、着替えを持っていきましょう。まだ6月であっても、子供たちは寒さを感じないのか、服がびしょ濡れでも遊び続けています。

ノルディックウォーキングコース

 園内にノルディックウォーキングコースのルートを示す小さな標識があったので、標識の指し示すとおりに歩いてみました。

 ↓ ノルディックウォーキングコースのルートを示す標識。標識には、進む方向と、次の標識まであと○○メートルとの案内があります。標識が見当たらない箇所もありましたが、管理棟にある静峰ふるさと公園マップを入手すれば、そこにノルディックウォーキングコーストが記されているので、それを見れば、迷わずにコース通りに進めます。

 ↓ コース上には、桜などの木々がありました。近くには、木の種類等がが表示されているので、立ち止まって、ゆっくりと木々を眺めてみるのも良いかと思います。桜の木が多くあるように感じました。

 ↓ 展望デッキも横も通ります。こちらは展望デッキからの眺めです。

 ↓ スタート/ゴールは管理棟になります。歩いた距離は約2.6kmでしたが、登り下りがあるため、結構な運動になりました。私は歩いただけですが、ノルディックウォーキングを楽しみたい方には、管理棟で杖を100円でレンタルできます。

 なお、今回は、何の花も咲いていなかったためか、誰も歩いておらず、静かでした。

 その他

・駐車場、入園は無料です。ただし、4月のお花見シーズンには駐車料金が掛かります。

・樹木や、芝等は手入れされているようで、全体的にきれいな公園でした。

・遊具エリアは、そこそこ充実しています。その割りには、他の似た公園と比較すると、あまり混雑していないように感じました。 

・我家の子供は、トランポリンで体力の大半を使い果たし、帰宅となりました。それまでの滞在時間は約3時間でした。

スポンサーリンク