コメントを残す

健康保険任意継続での健康診断に行ってきました

 退職後に初となる、定期健康診断を受けてきました。順番待ちが無く、スムーズに健診は進みました。

男性枠が小さい

 検診日は健康組合から事前に通知が届くので、希望日を選択することができますが、男性枠は女性枠と比べて、かなり小さいです。比率でみると女性9以上、男性1以下といった感じです。夫の扶養範囲に入っている奥様方はそれなりに多いことが覗えます。

 退職した場合、健康保険の任意継続は、2年間しか出来ないことから、必然的に人数が限られます。私が居た職場は男性が圧倒的に多いのですが、それでも2年間の採用人数となると、対象人数は少なくなります。よって、検診における男性枠は圧倒的に小さくなります。

 この日、受けに来ていたのは定年退職したと思われる方々でしたが、私の他に1人だけ現役世代の方が居ました。仕事が合わずに辞める人は案外居るものですね。任意継続中だから、再就職はしていない模様です。独立する道をいくのでしょうか、それとも暫く心身を休めるのでしょうか。私には全く関係ありませんが、リタイヤしたのは自分だけではないと、妙な安心感を覚えてしまいます。

健康診断に掛かる時間

 私が受診した日には、男性5名しかおらず、掛かった時間は15分でした。今後、国民健康保険になったら、このように短時間では終わらないだろうなと思っています。これは健康保険の任意継続を選択した場合に享受できる、ちょっとしたメリットですね。

 ちなみに、私の奥さんは任意継続での扶養に入っているのですが、健康診断に掛かった時間は1時間30分でした。女性は男性と比べて、時間がかかるようです。夫婦で日時を合わせて一緒にいくと、夫が長時間待たされることになるため、仲良し夫婦であっても日時はずらして行く方が良いでしょう。

スポンサーリンク

投稿日: コメントを残す

定期的に健康診断を受診するメリット

健康診断の結果が手元に来ました。結果は残念ながら正常範囲から逸脱している箇所が1つありました。それについては以前から知っていたので自分なりに生活改善を行っていたのですが、改善には及ばなかったようで、今後は病院のお世話になりそうです。しかし、このような事が判ったのは健康診断を受診していたからであり、体の状態を定期的に把握しておくことは生活の質を維持する上で重要だと実感していますので、健康診断を定期的に受診することで得られるメリットを3つ挙げました。

続きを読む 定期的に健康診断を受診するメリット