コメントを残す

2019年7月の家庭菜園② 枝豆の収穫

 長く続いた梅雨がようやく終わり、暑い夏が来ました。いよいよ枝豆の収穫です。5月上旬に早生種の種をまいて、栽培していたのですが、長く続いた梅雨による日照不足により、なかなか実が膨らみませんでしたが、日数的にそろそろ食べごろなので収穫となりました。

枝豆の出来具合

 20本植えました。虫害を受けたものや、日照不足や雑草との生育競争に敗れて、枝豆の木が大きく育っていないものがありますが、さやの中身は食べごろの大きさに膨らんでいます。

 病気によるものなのか、枯れかかっている枝豆もありました。今回はコマツナと一緒に栽培したのですが、枝豆とコマツナとで密植状態となり、風通しが悪くなったことが原因でしょうか。枝豆のさやは膨らんでいますが、黄色く変色してしまい、あまり美味しくなさそうです。

 収穫した枝豆の量は、さや込みで517g。20本を栽培した結果としては少ない気がします。ただ、さやの内部に虫が入り込む害は受けなかったのが救いです。

枝豆の食味

 収穫日数は70~80日と種袋には記載されています。実際に収穫したのは、実が膨らむのを待っていたので、種まきから84日後です。枝豆が美味しく食べられる収穫時期は、10日前後と短いため、それと照らした場合、若干遅れ気味です。

 収穫は、陽が高くなる前の6時台に行いました。日の出前に収穫すると、枝豆に葉からの栄養が還流しているため、風味が最も良いみたいです。陽が上ると、枝豆の栄養が葉に回ってしまうそうです。

枝豆は塩茹でにして食べました。収穫量が少なかったので、1回で終わりました。茹で時間は約10分です。

 早速、朝ごはんに出して食べました。無農薬、無施肥で育てたので、生命力豊かな枝豆です。また、収穫時期や収穫時間もそれなりに合わせた事も、美味しさに結びついている(以上、自己満足)と感じながら、美味しく頂きました。

スポンサーリンク

コメントを残す

2019年6月の家庭菜園① ジャガイモの収穫

 3月2日に種芋を畑に入れ、それから109日後の6月19日に収穫を行いました。ジャガイモの品種はグラウンドペチカ。スーパーではあまり売られていない、赤色のジャガイモです。

ジャガイモの収穫

 全ての種芋が2週間程で地上に芽を出し、順調に生長したのですが、5月上旬には葉が黄色く色付いてきたジャガイモが出てきました。

↓ 4月中は健全に育っていたジャガイモでしたが、一部の葉の色が変わっています。

↓ 葉が黄色くなり、生気があまり感じられません。

↓ 試しに掘ってみたところ、小さなジャガイモが出来ていました。

 葉色が変わったジャガイモは、これだけでは止まらず、徐々に増えていき、やがて枯れ出しました。他の健全なジャガイモは青々としていることから、枯れたのは収穫時期を示しているわけではなさそうです。

 これ以上ジャガイモが不健全に枯れていく姿を見たくないのと、収穫目安となる100日を経過していることから、ジャガイモを掘り出すことにしました。

↓ 収穫直前のジャガイモ。一部が枯れています。

↓ 枯れているジャガイモの収穫量は、小さなジャガイモが数個のみでした。一方、枯れていないものには、立派なジャガイモが付いていました。生長の差が如実に現われています。

 4月に芽かきしたジャガイモを畑に挿してみたものは、枯れませんでしたが、生長もしませんでした。よって、掘った結果は、小さいジャガイモが2つ程度の収量でした。

収穫量は

 20個以上の種芋から出来たジャガイモは、数キロでした(10kgにも届かず)。プロの生産農家であれば、1つの種芋に対し、1kgの収量があるようですが、その基準と比較した場合は、かなり低い評価になります。

 ジャガイモは肥料がなくても育つ、栽培が簡単な野菜だと思っていました。栽培期間中は、害虫・病気対策や、土寄せを行わず、基本放置でした。そのことを含めると妥当な結果になるのでしょうか。

↓ 収穫したグラウンドペチカ。立派な大きさのジャガイモは僅か11個。種芋クラスが20個くらい、それ以下の小芋が沢山というイマイチな結果になりました。

 ジャガイモの跡地には、その日のうちにサツマイモの苗を植えました。無事根付けば、11月下旬頃に収穫する計画です。

スポンサーリンク

投稿日: コメントを残す

自宅の庭に家庭菜園を作る ⑰サツマイモの収穫

4月下旬に植えたサツマイモの苗ですが、秋になってツタに勢いが無くなってきたので収穫しました。生育期間中は順調にツタが大きく育っていたので、ジャガイモ同様に沢山の収穫を楽しみにしていました。

 

サツマイモの収穫

↓ 順調に伸びたと思われるサツマイモのツタ。ここには2本の苗を植え、どちらも良く伸びました。

↓ ツタを退けたところ。ツタが土に付くと、そこから根が生えてイモになり、結果小イモばかり出来てしまいます。そこで、根が生えるのを防ぐためにツタが土に触れないよう藁の代わりに刈った芝を敷いていました。一応の効果はあった模様です。

↓ 収穫したサツマイモ。品種は「安納芋」と「べにはるか」です。サツマイモのツタがあった箇所は全て掘り起こして探したのですが・・・これだけでした。イモは想定よりも小さく、数も少ないものでした。

ツタの生長は順調だったはずなのに、収量が少なすぎです。これがいわゆる「つるぼけ」なのでしょうか。家庭菜園の本によると、サツマイモの場合、土が肥えていると、つるぼけになりやすいと書かれていました。ここの畑の土は石を取り除いただけで、肥料は殆ど入れていないのに・・・おかしいですね。それとも、収穫の時期が早かったのでしょうか。ツタは伸びたけれども、日当たりが隣のトマトに妨害されて良くなかったからかも知れませんし・・・本当の原因は解かりません。

収穫後

↓ イモのツタは肥料になるようなので、畑に埋めました。来年はこの場所でサツマイモ以外の作物を作ります。

↓ イモは、しばらく土間収納に置いて乾かしてから調理します。それにしても、この収量・・・苗代が回収できていませんね。その分、味は良いのかも知れませんが。

スポンサーリンク



投稿日: コメントを残す

自宅の庭に家庭菜園を作る ⑭ニンジンの収穫

今年の4月下旬に種まきしたニンジンを一部収穫しました。種まきから約4ヶ月経過していますが、あまり実が大きくなっている気配がありませんでした。これ以上待っても収量があまり期待できないので収穫です。

 

収 穫

↓ ニンジンの葉はしっかり育っています。

↓ 適当にニンジンを引っこ抜いてみました。食べられないこともないですが、写真の上2つのニンジンは実が殆ど無い状態でした。これは、ニンジンの芽が小さい頃、害虫に新芽をかじられてしまい、生長が一時止まっていたニンジンです。枯れないから育ててみたけれど、このような結果になるなら間引いたほうがマシでした。

↓ 葉がしっかり育っているニンジンも、あまり太っていなくて筋っぽい雰囲気です。

↓ 一部収穫したニンジンの区画。まだニンジンが8本くらい残っています。来週には全て収穫して、白菜の苗を植える予定です。

↓ 洗って、食卓に並ぶ前のニンジン。となりの完熟トマトと比べて、固そうです。種のパッケージの写真とは見た目が違ったニンジンができました。

試 食

収穫したてのニンジンは、かきあげと味噌汁で頂きました。食べてみた感想は、ニンジン独特の風味が強く、固い(しっかりとした)食感でした。良く言えば、風味が強いのでニンジンを食べている気分がしっかり味わえます。
間引きをあまりしなかった為に、固く小さく筋っぽいニンジンになってしまったのでしょうか。害虫があまり付かなかったので、手間をかけませんでしたが、間引きくらいはしっかりやった方が良かったかもしれません。また、種を100均で買ったので、品種がイマイチだったのかも。単に種の量が少ないだけかもしれないので、なんとも言えません。
ただ、野菜があまり好きそうではない娘が、お父さんが作った野菜ということで積極的に食べてくれたことは思いがけない成果でした。
なお、これからニンジンを栽培するかどうかは今のところ「未定」です。

スポンサーリンク



投稿日: コメントを残す

自宅の庭に家庭菜園を作る ⑫ジャガイモの収穫

4坪の家庭菜園に7個のジャガイモの種芋を埋めました。ホームセンターで育てる野菜を選んでいたところ、値引きされているジャガイモの種芋を見つけて、4月中旬から栽培を始めました。スタートは遅れていましたが、ジャガイモは順調に生長してくれました。

 

ジャガイモの栽培

結論から言うと、ジャガイモの栽培は簡単でした。やったことは、芽かき、土寄せ、アブラムシの捕殺(これもあまり付かなかった)くらいです。水と肥料は一切施しませんでした。ただ、ジャガイモの花が咲いた頃に、土をほじってみて、実が出来ているかのチェックはしました。

↓ 4月終わりのジャガイモの状況。7箇所に埋めた種芋から芽が出始めました。他所の畑を見ると、この数倍の背丈に生長しているので、実りへの不安を覚えます。

 

↓ 6月上旬に花が咲きました。この頃、地中にはピンポン玉くらいの大きさのジャガイモが出来ていました。

 

ジャガイモの収穫

ジャガイモはアンデス高地の寒冷な気候出身の植物で、暑さに弱いため、梅雨明け直後の猛暑によって、実が大きくなる前に枯れてしまうのではないかと心配していたのですが、意外にも7月下旬まで持ちこたえ、地中で実を育みました。
なお、今回栽培したジャガイモは、種芋を埋めてから73日後の収穫となります。

 

↓ 7月に入り猛暑日が続いたものの、持ちこたえたジャガイモ。8月を目前にして、いい具合に枯れました。
夏の日照りが続き、畑が乾燥したタイミングで収穫します。こうすると、ジャガイモに土があまり付かないとのこと。

 

↓ ジャガイモ真下の土を掘ってみたところ。小石混じりの土でも、しっかり芋が大きく育っています。種芋はイモ本外が地中に隠れる程度の深さでしか埋めませんでしたが(本にはもっと深く埋めるようにと記載。)、ジャガイモは種芋より地中深くに出来ていました。

↓ ジャガイモの種芋7個で、これだけの収穫がありました。

↓ かじられているジャガイモがいくつかありました。収穫の最中にコガネムシ幼虫を3匹見つけ、捕殺しました。ジャガイモの葉や茎にトラブルは無かったのに、肝心なイモに穴を開けられてしまったのはショックでした。

↓ 収穫を終えたジャガイモ。箱のふたを閉じ、芽が出ないように暗くして保管します。

↓ こちらは虫にかじられたジャガイモ。かじられた所を除去して食べます。

 

ジャガイモの調理

さっそく、収穫したジャガイモを嫁さんに料理してもらいました。虫にかじられたジャガイモから先に使ったのですが、かじられている部位さえ取ってしまえば、変色や変なニオイは無く、食べられるジャガイモでした。

↓ 1品目はじゃがいもとベーコンのグラタン。ジャガイモはどちらかというと、シャキシャキした食感です。

↓ ジャガイモを味噌汁に入れました。煮崩れしにくい品種なので、形がしっかりしています。

ジャガイモの栽培 感想

7本のジャガイモなので、体への負担を感じず、4歳の娘と一緒になって芋掘りを楽しみました。ジャガイモが予想よりも大きく育っていて、初回にしては十分な結果だと思います。
ジャガイモを栽培した実感は、あまり手間を必要とせず、失敗が少ないということでした。本に書いてある通りに水も撒かず、基本放置でした。

 

スポンサーリンク