コメントを残す

ぬる湯温泉 二階堂に自炊プランで宿泊

 ぬる湯温泉二階堂には、これまで数回宿泊しており、食事パターンを覚えてしまったので、今回は自炊プランで宿泊してみました。このプランの料金は1泊4,503円となり、朝夕食付きプランと比べて5千円以上安くなります。

部屋

 案内された部屋は1階でした。自炊プランは1階に通されるのか分かりませんが、初めての1階です。天井が低いのが気になります。部屋に備わっているアイテムは、テレビ、冷蔵庫、蚊取り線香、ストーブ、茶器一式(湯のみ、お茶、お湯)、布団、浴衣などです。自炊プランでは、歯ブラシと白タオルはありませんので持参しましょう。また、自炊プランでは、布団を敷くサービスは含まれていません。

↓ 1階の部屋。広さは8畳あります。虫と猫が入ってきます。特に夏場は虫が入ってくるので、蚊取り線香必須となります。

自炊

 自炊場には、食器洗い洗剤、鍋、食器、包丁、まな板、ガス台、炊飯ジャー、電子レンジ、冷蔵庫など、調理に必要な道具は一通り揃っているので、食材を持ち込めば問題なく自炊できます。今回、自炊で作ったのはカレーでした。

↓ 流しには給湯器が付いています。

↓ ガス台。使い終わったら元栓を締めましょう。

↓ 食器類

↓ 自炊場には長期湯治の際に使うと思われる洗濯機も設置されていました。

夏はぬる湯が最高

 災害級の猛暑とニュースで報道されている日に、ぬる湯に行きました。現地も強い日差しでしたが、標高が1000m程度あるので、暑さも幾分和らいでいます。そんな中で、程よい温度のぬる湯に長時間浸かるのは、気持ちがいいものです。

↓ ぬる湯から林道を少し歩いた場所から福島市の夜景を見ました。日中に熱せられた大気により、市街地が霞んで見えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

日本秘湯を守る会 塩原元湯温泉 大出館に宿泊

栃木県那須塩原市にある秘湯、大出館(おおいでかん)に一泊してきました。ここでは複数の源泉を味わえますが、温泉の成分がとても強く、金属類は腐食してしまうため、電化製品の寿命は長くて1年だそうです。
宿泊プランは大人一人当たり税別8,000円のコースで、税込みだと消費税・入湯税を合わせて8,790円となり、温泉宿にしてはかなり安上がりです。なお、当該プランは平日のみの案内ですが、宿泊が金・土曜日のであっても適用されます。
この宿泊プランであっても、朝・夕2食付なので、秘湯スタンプ帳には押印してもらえます。

宿泊部屋

案内された部屋は8畳+2畳(ベランダ)でした。部屋の広さは十分ですが、トイレは共用、ドライヤーはフロントで貸出、ティッシュは部屋に無くフロントで販売といった具合で快適性は物足りません。それも温泉の成分が強くて、電化製品等が長持ちしない為でしょうか。金属が腐食しているためなのか、コンセントにプラグを差し込んでも、緩くて手応えがありません。

↓ 宿泊部屋からの眺め。

お食事

一番安い宿泊プランなので、天ぷら等は付いていませんが、十分満足できる量でした。なお、食事は部屋まで持ってきて貰えたので、家族水入らずで朝・夕食共に楽しめました。

↓ 夕食。刺身が小さくて可愛いです。デザートはスイカでした。

↓ 朝食。ご飯はお代わり自由なので、おかずが少量でも気になりません。

温泉

温泉成分の影響を最も受けやすい風呂場は、コンセントが使えず、照明も所々切れています。水道の蛇口も黒く腐食しており、使えない蛇口も幾つかありました。

中でも墨の湯はお風呂場の腐食が相当進んでおり、壁のタイルは剥がれ、その下地のモルタルさえもボロボロになっています。また、腐食に強そうなタイル表面さえも侵されているようで、お湯が流れている床面のタイルはザラザラした手触りでした。多分、このような壁だと掃除は不可能であることから、タイル目地にカビが生えていないか見てみましたが、カビらしきものはありませんでした。これも温泉の効果なのでしょうか。このように生々しくお風呂場が腐食されていくありさまを見ると、墨の湯がちょっとしたパワースポットのように感じます。

このような強烈な温泉なのですが、飲めます。湯船の隅っこにコップが置いてあります。金属類が腐食する程強い温泉ですが、体には無害らしいのです。試飲してみましたが、何れのお湯も飲めたものではありませんでした。

年々腐食が進んでいる墨の湯。定期的に訪れて腐食の進み具合を楽しむ方もいるようです。

↓ 墨の湯。崩れかけているタイル張りの壁が独特の雰囲気を醸し出しています。

大出館 まとめ

温泉の影響により、備品類が腐食しやすい環境であるため、きれいな宿ではありません。しかし、ここの温泉には、他の温泉では味わえない独特の雰囲気があります。この雰囲気を気に入って何回も足を運ぶ方も居るくらいなので、合う方には魅力的に映る温泉でしょう。我家も全員が再訪したいという意見で一致しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

日本秘湯を守る会 湯の澤鉱泉に宿泊

茨城県で唯一の日本秘湯を守る会の会員宿である、湯の澤鉱泉に一泊してきました。宿泊プランは冬期秘湯キャンペーンで大人1人の料金は10,260円(税別)です。通常のプランでは1人あたり12,960円くらいなので割安料金で宿泊できます。なお、この宿泊プランは平日のみの案内となり、秘湯スタンプ帳へも押印してもらえます。

宿泊部屋

平日のため、宿泊者が多くないからなのか、案内された部屋は6畳が2間ある部屋でした。本宿泊キャンペーンでは6畳一間でしたが、サービスしてもらえたみたいです。なお本館では、トイレ、洗面台は部屋に無く、共用です。新館では宿泊部屋に設置されています。今回は本館で一泊です。
この宿にはスリッパがありません。床暖房が効いているわけではないので、冬は足元が冷えそうです。嫁さんが言うには、「昔ながらの家にはスリッパなんて物は無い」とのことでした。

落ち着いた雰囲気の部屋
 宿からの眺め。梅の花が咲いています。

お食事

食堂があるようですが、宿泊客が少ないためか、食事会場は個室でした。冬期秘湯キャンペーンであっても、料理は充実していて、お腹いっぱいです。
また、子供は幼児Dプラン(食事、布団なし。3,000円)でしたが、子供の分の朝ごはんをサービスしてもらえました。

 夕食
地元のお酒を注文。
朝ごはん

お風呂

鉱泉18℃を沸かしていますが、24時間入浴できます。檜風呂と岩風呂があり、朝、夕の食事を挟んで男女が入れ替わります。お湯はどちらも熱くなく、長湯できます。

檜風呂
2011年3月の大震災で湯船が崩れてしまい、それから5ヶ月かけて修復したそうです。よって、修復した部分がタイル張りになっています。
檜風呂には屋外テラスがあります。
岩風呂
お風呂建屋の天井。湯船からの湯気と相まって秘湯の雰囲気が高まります。

散策路

宿周辺を歩いてみました。

↓ 矢印の案内板。目的地は不明です。

↓ 歩いていくと、湯の澤鉱泉の案内が出てきました。時間が無かったためここで引き返しました。後で地図を見たところ、付近に陰陽神社があるので、そこに通じていそうです。

湯の澤鉱泉 冬期秘湯キャンペーン まとめ

車で行きましたが、細い山道は短く、宿にたどり着くまでの道程で秘湯感はあまりありません。ただ、目の前にゴルフ場が見えるものの、里山に囲まれており、とても静かです。
お風呂も宿泊部屋も、それぞれに雰囲気がありました。平日は空いていましたが、冬期であっても週末は多くの予約が入っている模様です。

スポンサーリンク

コメントを残す

日本秘湯を守る会 蛇の湯温泉 たから壮に宿泊

東京都檜原村にある秘湯、蛇の湯(じゃのゆ)温泉たから壮に一泊してきました。宿泊プランは秘湯(冬春キャンペーン)で大人1人の料金は10,410円(税込み)です。通常のプランだと1人1泊あたり14,500程度(税込み)なので割安です。なお、この宿泊プランは平日のみの案内となります。また、格安にも関わらず秘湯スタンプ帳へもしっかり押印してもらえます。

秘湯(冬春キャンペーン)

宿泊部屋

平日ということもあり、宿泊者が多くないからなのか、案内された部屋は7人部屋でした。14畳程の広さで、洗面台は2つありました。我家は3人家族で、冬春キャンペーンプランであることから、6畳間を想定していたので、この対応には驚きました。
部屋の窓からは渓谷が見えました。ですが、この時季は枯れ木ばかりです。きっと新緑や紅葉の季節に行くと窓からの景色も見ごたえがあるのでしょう。

お食事

冬春キャンペーンでの宿泊の場合、夕食に蕎麦と天ぷらが付きません。それでも、焼き魚、煮物、野菜類、すき焼き等がありますのでお腹は十分満たされます。

夕食(焼き魚は後から来ました)
朝食

温泉

源泉の温度は10℃程度であるため、沸かしています。よって、燃料費との関係があるためなのか、入浴時間は6時30分から23時であり、他の温泉と比較して短い気がします。温泉は5人くらい入れる湯船が1つあり、湯温は高くなく長湯できます。今回は宿泊者が少ないため貸切状態でした。

散策路

たから壮の周りには散策路があります。宿周辺を歩いてみました。

↓ ちょっとした滝。檜原村には多くの滝があり、観光名所になっています。

↓ 急峻な谷間にあるお風呂。周辺は急峻な山ばかりで、平地が殆どありません。この立地が秘湯感を演出しています。

↓ 斜面畑。大きな機械は入れず、農作業には手間が掛かりそうです。特産品種はじゃがいもで、宿の食事でも煮物で登場しました。

たから壮 冬春キャンペーン まとめ

割安なキャンペーンプランでしたが、窮屈さを感じることなく温泉を楽しめました。冬春は来訪者が少ないから、このような宿泊プランがあるのでしょう。でも人が少ないおかげで広い部屋で静かに過せて、温泉を独り占めできました。ハイシーズンを外すと観光の要素は減りますが、静かな場所でのんびり過したい場合はお勧めです。

スポンサーリンク

投稿日: コメントを残す

日本秘湯を守る会 新野地温泉 相模屋に宿泊

福島県福島市にある新野地温泉「相模屋」に宿泊してきました。相模屋は日本秘湯を守る会会員宿であり、日本秘湯を守る会スタンプ帳(3年以内に10個スタンプを貯めると、宿泊した宿のうち1箇所が無料招待)を持参して行けば、押印してくれます。

 

相模屋までの道

11月下旬に行きました。下界では暖かさが残り、この時期に積雪など想像できませんが、相模屋は高地に位置しており積雪の可能性があります。電話予約の車の際に滑り止め対策が必要である旨を伝えられました。

↓ 実際の路面。辺りはうっすら雪が積もっています。国道115号の積雪は無かったものの、宿までの山道に入った途端、日陰の路面には圧雪箇所が多々ありました。もしノーマルタイヤで行っていたら、宿までたどり着けなかったかもしれません。

相模屋

↓ フロント・ロビー。奥にはテーブルとイスがあり、コーヒーをのみながら寛げるようになっています。

↓ 相模屋の傍には安達太良山へ続く登山道がありました。雪が積もっていますが、この時期でも登山される方は居るのでしょうか。

↓ 館内通路には付近の山で撮影した写真や絵画が展示されています。

↓ 相模屋付近の道路からは福島市街地が見えました。この天気のまま夜になれば宿の窓から福島市の夜景が観られそうです。

↓ 案内された部屋は6畳・山側でした・・・。8畳以上の部屋を予約しないと、こうなります。福島市の夜景に数千円を追加で支払っても良い場合は6畳間よりも広い部屋を予約しましょう。

温 泉

↓ 白い蒸気が勢い良く昇っています。源泉の温度は約85℃なので蒸気に直接触れたら火傷しそうです。

↓ 蒸気口。当然近づけません。看板が手前にありますが、文字が消えており、伝えたいことが分かりません。

↓ 露天風呂。ここが景色が良く一番人気です。ただし、洗い場はありません。また、ここまでの木道が寒く、霜により滑りやすくなっているので要注意です。

↓ 露天風呂の木の壁も良い雰囲気です。

↓ 露天風呂からの景色。鬼面山(きめんざん)が見えます。湯温も程良く、長湯に向いています。

↓ 夜の露天風呂へ続く木道の雰囲気。この日は天気が良く、月がきれいに見えました。

↓ 露天風呂の近くにある内湯です。洗い場はありますが、シャワーは付いていません。

↓ 相模屋2階に唯一シャワーつきのお風呂があります。ここに入れるのは宿泊者のみで、日帰り入浴の方は入れません。

↓ これも「秘湯」でした。使用感は普通です。

↓ 相模屋2階のお風呂からの眺め。窓があり、山を展望できます。

お食事

↓ 夕食。この他に、煮物、焼き魚、味噌汁、フルーツが付きます。鍋の中身は福島牛でした。刺身は川魚とコンニャクで、山中の宿らしいメニューです。なお、お茶、ごはんはセルフでお代わり自由です。

↓ 朝食。夕食同様に、お茶とご飯はセルフです。朝はコーヒーが付いていました。

宿泊の感想

・この内容で1人1万円+入湯税でした。宿泊部屋は山側6畳間だったものの、とても割安だと思います。
・お湯の温度はこの寒い時期に合っており、丁度良く感じました。また、PH6.8と中性に近く、長時間入浴していても肌がカサカサになるようなことはありませんでした。
・食事は朝・夕共に1階の大広間に集合して食べます。今回は喫煙される方が居なかったのか、それとも禁煙なのか、煙は気になりませんでした。

スポンサーリンク