コメントを残す

(2914)JTから2020年度分の株主優待品が到着

 JTから株主優待の案内が到着した後、直ぐ返信ハガキを送付したところ、4月中旬に優待の品が到着しました。

到着した優待品

 株主優待カタログから選んだ品はレトルトカレーとご飯パックです。家族分(2名、1,000株、200株それぞれ保有)の優待品が一度に届きました。また、今年度からは株主優待が年2回→年1回に変更になった為、いつもよりも量が多いように感じます。
 1、000株保有の場合、株主優待はご飯/カップ麵の他にいくつかの加工食品から1品選べます。今回はレトルトカレーにしました。
 結果、届いた優待品は家族分全て合わせて、ご飯パック68食分とレトルトカレー7食分になりました。ご飯だけなら一家3人で、だいたい23食分、1日3食とするなら7、8日分になる計算です。
 ご飯パックでは、前回含まれていたお粥が無くなっていました。お粥・・・我が家でも積極的には食べませんでした。不評だったのでしょうか。
 ちなみに、JTの食品部門では、焼きたてのパンの味を楽しめる焼成冷凍パンの開発が完了したようです。毎回ご飯パックかカップめんの選択肢では飽きてしまうので、冷凍パンも選択肢の一つに加えてもらえると有り難いです。

JT株の保有方針

 たばこ事業が売上の約9割を占めていますが、コロナの影響により煙草を吸う人の数はあまり増えないでしょう。JTの有価証券報告書によると、国内では煙草の売上は減少傾向にあり、新興国を含む海外においては売上は増加傾向にあるものの、全体での煙草需要は減少しているようです。そうなると、他国のたばこ企業との競争も激しくなってくるでしょう。更に、コロナ対応で国の借金が増えることから、たばこ税の値上げも想定されます。
 医療品、加工食品事業は今後、業績の向上が見込めるかもしれませんが、その事業規模は全体からみて小規模です。JTの経営方針としては、主にたばこ事業に注力するものとしており、医療・食品事業は補完的な位置づけになっています。よって、たばこ需要の減少が見込まれ、競合他社との競争がより激しくなる今後において、JTの業績はゆるやかに下降していくものと思われます。
 株価の値動きも下落が続いており、当方の含み損も拡大しております。現状の配当が継続するなら、あと10年で含み損を回収できる見込みですが、今の株価で踏みとどまってくれるのかは不明です。
 今後も厳しい状況が続きそうですが、現状保有している株については、減配・優待の改悪が無いことを祈りつつ、継続保有です。

スポンサーリンク

投稿日: コメントを残す

(2914)JTの配当利回りが5%を超えてきました

JTから1-6月期分の配当金が入金され、配当額は見込み通り1株当たり75円でした。下期においても1株当たり75円の配当を予定しており、3,000円以下の株価だと配当利回りは5%を超えています。また、株主優待の他に、プルームテックスターターキットの無償提供があり、株主に対してかなり気を遣っているように感じます。しかし、値動きを見ると相当な高利回りになっているのに、株価が下げ止まる雰囲気が感じられません。それは何故なのでしょうか。添付の業績報告書を読みました。

 

業績の修正を行ったから

2018年度の業績予想を期首の予想から修正しています。修正では売上げは増加するものの、減益になる予想です。予想1株当たり利益は188.5円であり、1株当たり150円の配当なら支払い可能です。減益はネガティブですが、主力の海外たばこ事業は好調に推移しており、悲観的な業績には見えません。

タバコ事業の競争が激しい

海外競合他社との競争が激しくなっている模様です。しかし、そのような事業環境でもタバコの値付けは順調であり、収益を確保しています。きっとタバコの品質が良いのでしょう。
ただ、競合他社の品質が向上してくると、JTの地位も揺らいでくるので安心はできません。

そもそもタバコ事業に魅力がない

タバコは健康を害します。国内事業が左前であることと同様に、売上が立っている新興国も先進国に近づくに連れてタバコが忌諱される社会になることを、株価は長期的な視点から織り込んでいるのでしょうか。もしそうなら、タバコ業界の先行きは成長見込みのない暗いものになります。

まとめ 株価を支えているものは高配当

もしかすると成長の見込みがないタバコ業界ですが、JTの株価を支えているのは5%を超える配当利回りかと思われます。それでも長期チャートを俯瞰すると、株価は高い位置にあり、今後の業績見通し如何では配当懸念も合わさって株価は3,000円を割っても下げ止まらない可能性がありそうです。例えばソーラー発電事業を営む(9281)タカラレーベン・インフラ投資法人の配当利回りは約6%です。JTの成長見込みを勘案すると、この程度の利回りまで上昇することを覚悟する必要があるかもしれません。その場合の株価は2,500円になるのでしょうか。
加熱式タバコであるプルームテックを使用した場合の健康へのリスクが解明され、健康への被害が無いとの結果が出れば株価への影響も期待できそうですが、どうなるかはさっぱり分かりません。

スポンサーリンク



コメントを残す

(2914)JTから株主優待が到着

5月中旬にJTの株主優待品が到着しました。優待品は200株分で、選んだ品は調味料詰め合わせになります。

 

期限日前日にハガキを投函

株主優待の申込ハガキを暫く放置してしまい、慌てて気付いて締切日の前日にハガキを投函しました。JTの株主優待に関する通知には、4月中旬から優待品を順次発送するとありましたが、5月になっても優待品が届かなかったので、ハガキが間に合わなかったと半ば諦めていました。
ハガキを出した時期から、今回届いた優待品は最終便でしょう。JT内で優待を発送するのに掛かる期間は約1カ月ということになるのでしょうか。ハガキが間に合ってホッとしています。優待品の送付ありがとうございます。

到着した優待品の中身

JT株主優待品は幾つかの選択肢があるのですが、今回選んだのは各種調味料の詰合わせです。何れも我家にとっては使い勝手のある、ありがたい品々です。

↓ 調味料詰合わせといっても、調味料なのはオイスターソースと中華出汁で、残りは豚バラスタミナ丼の素(調理には肉とタマネギが必要)とお湯を足すだけで完成する各種ポタージュ、スープでした。

この他に、「オイスターソースで作るおいしいメニュー」なるリーフレットが入っていて、6品分のレシピが紹介されています。
以上の食品が、私と嫁さんの分、合わせて2つ到着しました。

その他に、喫煙者向けに「たばこ製品発送のご案内」が入っていました。紙タバコ6製品(1箱440~480円)の中から、株主の負担無しで1箱選ぶことができます。締切日は5月31日(当日消印有効)です。
いかにもJTらしい優待ですね。なお、申し込めるのは、喫煙する20歳以上の株主になります。
我家のように喫煙者が居ない株主には、何のメリットもありません・・・

JT株の保有方針

現物で保有しているJT株は現状で-20%の含み損なのですが、高利回りな配当と、年2回これだけの優待品が受取れるのなら、当分は持っておこうと思います。200株の株主だから、悠長に構えていられます。また、約5%もある配当利回りから、買い増しも考えています。

スポンサーリンク