コメントを残す

(2914)JTから2020年度分の株主優待品が到着

 JTから株主優待の案内が到着した後、直ぐ返信ハガキを送付したところ、4月中旬に優待の品が到着しました。

到着した優待品

 株主優待カタログから選んだ品はレトルトカレーとご飯パックです。家族分(2名、1,000株、200株それぞれ保有)の優待品が一度に届きました。また、今年度からは株主優待が年2回→年1回に変更になった為、いつもよりも量が多いように感じます。
 1、000株保有の場合、株主優待はご飯/カップ麵の他にいくつかの加工食品から1品選べます。今回はレトルトカレーにしました。
 結果、届いた優待品は家族分全て合わせて、ご飯パック68食分とレトルトカレー7食分になりました。ご飯だけなら一家3人で、だいたい23食分、1日3食とするなら7、8日分になる計算です。
 ご飯パックでは、前回含まれていたお粥が無くなっていました。お粥・・・我が家でも積極的には食べませんでした。不評だったのでしょうか。
 ちなみに、JTの食品部門では、焼きたてのパンの味を楽しめる焼成冷凍パンの開発が完了したようです。毎回ご飯パックかカップめんの選択肢では飽きてしまうので、冷凍パンも選択肢の一つに加えてもらえると有り難いです。

JT株の保有方針

 たばこ事業が売上の約9割を占めていますが、コロナの影響により煙草を吸う人の数はあまり増えないでしょう。JTの有価証券報告書によると、国内では煙草の売上は減少傾向にあり、新興国を含む海外においては売上は増加傾向にあるものの、全体での煙草需要は減少しているようです。そうなると、他国のたばこ企業との競争も激しくなってくるでしょう。更に、コロナ対応で国の借金が増えることから、たばこ税の値上げも想定されます。
 医療品、加工食品事業は今後、業績の向上が見込めるかもしれませんが、その事業規模は全体からみて小規模です。JTの経営方針としては、主にたばこ事業に注力するものとしており、医療・食品事業は補完的な位置づけになっています。よって、たばこ需要の減少が見込まれ、競合他社との競争がより激しくなる今後において、JTの業績はゆるやかに下降していくものと思われます。
 株価の値動きも下落が続いており、当方の含み損も拡大しております。現状の配当が継続するなら、あと10年で含み損を回収できる見込みですが、今の株価で踏みとどまってくれるのかは不明です。
 今後も厳しい状況が続きそうですが、現状保有している株については、減配・優待の改悪が無いことを祈りつつ、継続保有です。

スポンサーリンク

コメントを残す

(2914)JTから株主優待の案内が到着(2020年分)

 株主優待の案内の他に、第35回株主総会の通知も同封されていました。肝心の配当金については、総会が無事終了すれば1株につき77円の支払いが決まります。

株主優待の内容

 今回から年2回→年1回になり、回数が減った分、優待品の総額は増えています。この変更により、優待内容も選択肢が拡充される等、何かしらの進化があるのではとの淡い期待がありました。
 しかし、その中身はこれまでと同等でした。改善されたと感じたの点は、ご飯・カップ麵セットの量が増えたことくらいでしょうか。1000株以上保有する株主からはご飯・カップ麵以外の品が選択できますが、その項目は4つです。JTには加工食品事業があるので、選択肢をもっと増やせると期待していたのですが、この内容では株主優待目的で保有株数を増やそうとは思えません。
 なお、申込期限は3月26日まで。それまでに申し込みが無い場合、予めJTが指定した優待品が5月下旬に到着するとのこと。返信が無くても災害復興支援に対する寄付にはなりません。また、JTカレンダー送付は今年から廃止になっています。

投資判断

↓ JTの業績推移(第35回 定時株主総会召集ご通知より

 高額な「のれん」を支払いながら海外の企業を買収し、シェア拡大に取組んでいますが、売上げ及び利益の伸びは捗々しくなく、これからの業績期待により株を買う気分にはなれません。
 一方、最近の大荒れの相場展開により株は大きく売られ、配当利回りは驚異の7.1%以上に高まっています。税金を引かれても利回りは5.6%以上あるので、この配当が維持されると仮定すると、20年で元本が回収できる水準です。
 業績は下り坂ではあるものの、それでも赤字に転落する事業ではないため、配当はある程度維持されると考えます。そうなると、今の株価水準は売られすぎであるようにも思えて、これから更なる急落(減配要因を除く)があったときば買い増しの好機かもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

(2914)日本たばこ産業から2019年度上期分の株主優待が到着

 日本たばこ産業(JT)の株式を夫婦それぞれの名義で持っているので、株主総会の通知が到来した際、すぐに優待品の希望ハガキを2通同時にポストに入れました。希望する優待品はどちらも同じ品でしたが、到着した時期には何故かズレがありました。

選択した優待品

 前回同様に今回も「スープ・調味料詰合わせ」を選択しようとしたところ、嫁さんから、「スープと調味料はストックがあるから要らない。カップ麵とご飯の方がまだ使える。」との御意見を頂戴した結果、2つとも「ご飯詰合わせ」になりました。

 「ご飯詰め合わせ」の中身は、炊き立てご飯3パック、白がゆ3パックに加えてカップラーメンが5個でした。これらは、食事の用意が億劫になったときに、随時消費される見込みです。特に白がゆは冬場、風邪をひいて食欲が無く、料理する気が出ないとき等に出番がありそうです。

 4月24日に嫁さん優待品が到着しました。しかし、何時もなら2箱合わせて送付されてくるのに、今回は1箱のみでした。私の分も数日後には届くだろうと思っていたのですが、数日経っても届きませんでした。

翌月に届きました

 何時まで経っても優待品が届かないので、ひょっとしたら私の優待品希望ハガキは郵送される際に紛失し、JTに届いていないのではないかと不安になりました。

 このまま優待品が届かず、1つの優待品を家族で分け合うたびに、空しくなるのは嫌ですが、JTに問い合わせるのも面倒なので、放置していました。

 そのうちに、優待の件を忘れつつあった、5月9日に優待品が届きました。同じ優待品で同時にハガキを投函したのに、なぜか半月ほど遅れての到着です。JT社内における優待品発送の仕組みは分かりませんが、無事に届きました。今後、優待品がなかなか来ない場合でも、不安に感じることが無いよう、今回の件を心得ておこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

(2914)日本たばこ産業から第34回 株主総会の通知が到着

配当・優待目的で所有している日本たばこ産業から株主総会の通知が到着しました。肝心な配当金は予定通り1株あたり年間150円に決まりそうです。また、株主優待については毎度お馴染みのラインナップでした。今回も「スープ・調味料詰合わせ」を選択しようと思います。それにしても3,000円相当の讃岐うどんセット、10食入りなのですが、かやく・つゆ・七味が付いているからといって一袋300円もするのでしょうか・・・なお、期限までに申し込みがない場合はパックご飯・おかゆがセットになった「ご飯詰合わせ」が送付される模様です。

株主総会の通知を読んだ感想

監査役が1名増員されます。企業統治を強化する為だそうです。4名から5名に増えるとのことですが、これまで4名で業務を回すのはかなりハードだったのでしょう。あわせて監査役の報酬も増えるので、仕事量に見合った満足感が得られるといいですね。

また、取締役の報酬も増えます。これには対処すべき課題の項に、「受身の姿勢ではなく、自ら変化し、変化を身につける力が利益成長につながる。」とありましたので、企業トップの報酬を増やすことで優秀な人材を登用したい、或いは「やる気」を引き出したい意思がみえてきます。企業体質を根本から変えたいのでしょう。企業体質が変われば業績にプラスになります。ただ、新たにやってきた経営者の方針によっては、これまでの仕事が変化するため従業員にも試練が訪れるかもしれません(従業員が無意味と感じる仕事が増えるなど)。また、変化したからといって利益に結びつくかどうかは直に結果が出ない場合もあるので、評価があいまいになりそうです。

本年度における経営計画では、事業投資を最優先に行うことを掲げています。財務を見るとこれまでの企業買収で膨らみつつある「のれん」が資産の大きな部分を占めていますが、更に増えるのでしょうか。事業投資が目論見通りに進まなかった場合、新たな社債発行や銀行借り入れに伴う金融費用の増加が懸念されます。利益を圧迫するので。

株主還元に関しては、引き続き、特に高い事業成長を実現しているグローバル日用消費財企業の還元動向をモニタリングしていくので、基本的には現状の高配当を続けるものと思われます。ただし、そのグローバル日用消費財企業が株主還元の方針を転換した場合にはどうなるのかはわかりません。事業成長に注力するなら配当を減らして事業投資に充当することも考えられます。

スポンサーリンク

投稿日: コメントを残す

(2914)JT株をつなぎ売り

JT(2914)の配当利回りが良かったので、300株を購入していましたが、株価の値下がりが止まりません。含み損益は既に-20%に達していますが、業績と配当利回りを考えると、損切りするつもりにはなれません。寧ろ買い増ししても良さそうな株価にさえ思えます。

損切りはしないが、買う気にもなれない

業績面からみると、国内では外食業界を中心とした全面禁煙の話題が出る等、喫煙者にとって望ましくない方向に社会が変わりつつあり、タバコの販売量にも良くない影響が及びそうです。しかし、海外におけるタバコの販売量は堅調に推移していることから、現在予定している配当金を支払えなくなるほど業績が悪くなることは想定していません。

近頃は5%を越える高配当利回りになっているためか、信用取引における買残が膨らんでいることからも、個人投資家の買いが入っているように見受けられます。もし、株価の下落が続いた場合、信用取引を含む個人投資家の持分が将来の売り圧力になる懸念があるため、配当利回りだけを手掛りに買ってしまうと、配当金以上の含み損が発生する危険があります。

試しに空売りを入れてみた

配当利回りが5%を越えている株を空売りすることも、あまり気が進まないのですが、値動きと需給、現状の相場環境から株価が反転することは想定し難く、当面は売りと判断しました。
また、現物株は保有し続ける方針であることから、これまで以上に株価が値下がりしても、空売り分が利益を発生させるため、全体での含み損を小さくすることができます。

株価が5%を越える高配当利回りになったことから、キャノン株のように突然吹き上がるのではないかとの懸念は常にありますが、今のところ空売り分(100株)の利が増えています。
信用買残が減少し、買い増ししたいと思えるような状況になったとき、株価はどれくらいになっているのでしょうかね・・・

スポンサーリンク