コメントを残す

(9629)PCA株価は底打ち反転したのでしょうか

 中小・中堅企業向け自動会計ソフトの販売及びサポートを行うPCA。2020年1月下旬に株価のピークを迎えた後、きつい下げが続き、3月下旬から株価の反転が始まりましたが、このまま本格的な上昇に発展するのでしょうか。

現状の株価


 株価は1月のピークから3月の底打ちまでの間、高値からおよそ1/3になるまで大きく値下りしました。もちろんコロナショックによる影響も受けているでしょうが、株価の値動きだけを見ると短期間であまりにも下がりすぎな印象を受けます。
 ただ、四季報によると、2021年度3月期の配当予想は1株34円。現状での配当利回りは1.1%程度であり、利回りからの割安感はありません。それでは業績の先行きから株価の値上がりは望めるでしょうか。

2020年1月までの株価上昇


 2019年から株価の本格的な上昇トレンドが続き、2020年まで株価は値上がりしました。この値動きの背景には、消費増税およびウィンドウズ7サポート終了に伴う会計ソフトの特需がありました。この特需を受けて業績も明るく、株価も素直に反応しました。

今後の業績は?

 「特需」による効果が剥落したことにより、今期業績が前期を上回ることは難しそうです。
 理由は、①会計ソフトウェア市場についても低価格競争が始まっており、PCAの優位性が揺らぎかねないこと。PCAはサポート体制の充実による顧客満足等によりサービスの値下げを行わない方針であるが、価格競争に巻き込まれる可能性はあること。②既存の商品である会計ソフトは他社でも同様の機能を有するものが販売されており、差別化が困難な状況。そこで、AI、ビックデータ、フィンテック、RPA等を取り込んだ新製品の開発に着手しているものの、市場投入には至っておらず、さらなる業績の向上が展望できないこと。③コロナショックにより中小・中堅企業が倒産して顧客全体の数が減少すること。以上により、経営環境は良好とは言えない状況です。
 会計ソフトのインターネット販売により、コロナの影響下にあっても売上は確保できるようですが、業績を手掛りにして、新規での株の買い付け需要はあまりなさそうです。

投資判断

 先の業績があまり期待できないことから、現状での株価反転は一時的なものである可能性もありそうです。よって、暫くは様子見です。

 ただ、コロナ収束後、日本国の財政は傷が深くなっていることから、今後何かしらの増税が行われる可能性がありそうです(この不景気下での増税難易度はかなり高いですが)。その時は、投資チャンスかもしれません。

 或いは2018年11月に1株当たり1,798円で自社株買いを行ったことがあり、今後、株価がその辺りまで安くなった場合には再度検討してみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク