投稿日: コメントを残す

平成28年度 確定申告「振替納税のお知らせ」の到来

平成28年度分の株式の売却益に係る確定申告を2月中に済ませましたが、その際に所得税の納税方法を指定口座からの引き落としになるように手続きしました。4月17日に「振替納税のお知らせ」が郵送されてきました

スポンサーリンク

振替納税のお知らせ到来

確定申告の際に税金の口座引き落としで納税するように手続きをすると、引き落とし予定日を忘れてしまう可能性が有ります。支払い口座の残高が不足していると納税手続きが行われず、遅れた分だけ延滞税を取られてしまうので日にちを忘れないように注意していたのですが、こうして通知が来ると助かります。なお、納税を忘れた場合の延滞税額は年利7.3%で遅れた日数に応じた日割り計算で求められるようです。

確定申告の結果

確定申告は書類を自宅作成し税務署に提出しました。その際に必要な添付書類の確認はしましたが、税金の計算結果については検証せず、確定申告書の控に受付印を押してもらっただけでした。今回の確定申告では株の売却利益、ふるさと納税、住宅ローン減税について申告したので、税金の計算がいつもより複雑になり、間違いが無いか気になったのですが、もし間違っていれば税務署から連絡が来るはずだろうと忘れていました。

「振替納税のお知らせ」には自分で作成した確定申告と同じ税額が記されていたので、確定申告書の内容に間違いは無かったようです。

スポンサーリンク

納税のために証券口座の残高が減少

昨年は株の売却利益が多く、私にとって良い一年だったので、支払う税額も例年より大きいです。私の証券口座から振替納税用の口座に現金を移動させたのですが、その結果、大きく証券口座の現金が減りました。今まで支払うべき税金を運用資金に充てることができたの文句はありませんが、やはり証券口座の残高が減ることは寂しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA