投稿日: コメントを残す

我家の資産分類はアッパーマス層に属するそうです

アッパーマス層とは、総資産から負債(借金)の除いた純資産が3000万円以上5000万円未満を指すそうです。我が家の資産は、証券口座の残高及び貯金残高を合わせると6000万円くらいありますが、住宅ローンが2700万円以上ありますので、純資産は3300万円程度になります。今回は2017年、アッパーマス層に属する私の思考及び感想をまとめました。

 

資産別分類

超富裕層     5億円以上

富裕層      1億円以上5億円未満

準富裕層     5000万円以上1億円未満

アッパーマス層 3000万円以上5000万円未満

マス層       3000万円未満

我家の資産はアッパーマス層に入ります。一方、分布状況は以下の通りになっているそうです。


スポンサーリンク

分   類     世帯数(万)    占有率

超富裕層        5.4       0.1%

富裕層         95.3       1.8%

準富裕層       315.2       6.0%

アッパーマス層   651.7      12.4%

マス層         4182.7      79.7%

合 計         5250.3     100.0%

 

アッパーマス層の日常

占有率から見ると、上位20%くらいの所に属するようですが、金使いにおいて特段の優越感を感じることはなく、周りの生活と大して変わらないです。むしろ、家計が貯蓄体質なため、幾分質素な生活かもしれません。また、普段から貯蓄が出来る体質の家計なら、貯蓄だけでも到達できる階層になると思います。

我家の場合、住宅ローンを抱えていながらもこの階層に辿り着いたのは、最近の株高のおかげです。よって、これから株安になるとマス層への転落の可能性も十分に考えられます。

そうならないように株価のチェックは日々やっているので、この辺はマス層とアッパーマス層の違いなのかも知れません。資産の動きにはやや敏感に反応するようになります。

 

目指すは富裕層

「お金持ちの教科書」という本で、5,000万円を越えると金に対する価値観が変わる、ということが書いてありました。それだけの資産があれば年利5%で運用して年収250万円になることから、最低限度の生活費が確保できるのだそうです。毎年確実に5%の運用となると難しそうですが、働かなくても生きていける目処が立つそうです。

我家の場合は家族が3人居るので、上記の考え方ですと1億5000万円が必要になります。仕事をやめる目標を達成する為にはこれくらいのお金が必要なのでしょうね。それにしても純資産1億5000万円達成は、まだまだ先になりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA